メニュー

tinder(ティンダー)でセフレを作る方法

出会い系を兄と妹が語りつくす

tinderでセフレを作る方法知りたくないですか?

今回はtinderで実際にセフレをゲットする方法を紹介したいと思います。

是非最後まで見ていってくださいね。

目次

セフレを作りたい人は知っておかなければいけない!tinder(ティンダー)について

tinder(ティンダー)は、海外発祥のアプリです。知名度が高く気軽な出会い・恋活を目的としたマッチングアプリです。

tinder(ティンダー)の正確な会員数は公式サイトでこそ発表されてませんが、全世界に5000万人以上の会員数がいると言われています。

アメリカに次いで、2番目に日本市場が広いため、日本のtinder(ティンダー)利用数は1千万人近くに昇ると言われています。

tinder(ティンダー)の男女比は、男性6割、女性4割と言われており、男性対女性の比率が5:5が理想とするのであれば

tinder(ティンダー)は正に出会いのアプリとしては最適と言えます。

マッチングアプリは男性は有料会員でないと使えないというデメリットもありますが、

tinder(ティンダー)は、男女ともにいいねからマッチングまで基本的な機能は無料で使えます。

また有料会員になっても、他のマッチングアプリよりも料金が安いので、お勧めのアプリと言えます。

他のマッチングアプリに比べ、”気軽な出会い”を売りにしており、男女ともに真剣な恋愛というよりは、気軽な出会いを探している会員が多いので、セフレ探しには王道のアプリと言えるのではないでしょうか。

tinder(ティンダー)でセフレを作るには、有料会員必須?どんなことができる?

tinder(ティンダー)の有料会員には、2種類あり「Tinder Plus」または「Tinder Gold」「Tinder platinum」があります。

今回は、有料会員になるメリットをご紹介します。

1つ目は、いいねの回数制限をなくせること(=無制限でいいねを送ることができる)

tinder(ティンダー) では、無料会員だといいねの数が12時間に120回送ることができますが、Tinder Goldという有料会員になれば無制限にLIKEを送れます。

無制限にLIKEを送れるということは、その分マッチング率も跳ね上がります。

色々な女性会員がいるので、目移りしてしまいますが、無料会員だといいねの数が限られているので

決まった数しか送れず、限られた女性にしかいいね送ることができません。

ですが、 Tinder Gold になると、そういった悩みからも解消されます。

当然ながら、セフレを作るなら女性とできるだけマッチングすることが必須になります。

より効率的にセフレを作りたいのであれば、有料会員になりいいねが無制限にできる状態にして

より多くの女性とマッチングすることが大事なのではないかと思います。

2つ目は、SuperLikeの無料回数を増やすことができることです。

SuperLikeとは、相手に通知が届き、相手のスワイプ画面に必ず自分を表示させることができる特別なライクのことです。

SuperLikeを使えばマッチする確率が3倍にアップし、さらにマッチした相手との会話は70%も長く続くようです。

スーパーライクは無料会員だと1日1回、有料会員だと1日5回送ることができます。

有料会員になるつもりはないけど、スーパーライクの権限だけ買いたいと思っている場合は単体購入をすることもできます。

女性側からすると、普通のLIKEで埋もれてしまう中で、superlikeを送った男性は特別に見えるものです。

他の男性ユーザーとの差別化を図ることができますし、実際マッチ率が3倍にも跳ね上がるので

なかなかマッチングしない人でも、手軽にマッチングすることができる可能性があります。

セフレを作りたくてもなかなかマッチングしないという人には、superlike機能を使ってマッチング率を上げるのがお勧めです。

3つ目は、有料会員になることで、ブーストの無料回数が毎月1回に増えること。

Tinderの無料会員はスワイプ回数が120人までに制限されており、一度上限に達してしまうと回復するまで12時間かかります。

つまり、相手の120人の中に運良く入っていないと、相手に見てもらえません。

そこで自分のプロフィールを効率的にアピールできるのが、ブースト機能です。

有料会員に入っていれば、月1回ブーストが無料で補充でされます。無料会員だと、ブースト機能は基本使えません。(都度購入すれば使える)

自分のプロフィールが、優先表示され、近くに住んでいるユーザー30分間は、優先的に自分のプロフィールが表示されるという仕組みになっています。

つまり、ブースト機能を使うことによって自分のプロフィールの閲覧数が爆発的に増えるこということになります。

ブースト機能を使うことで、どのくらい閲覧が増えるかというと、使わない時に比べて約10倍。

ブースト機能を使うことで、より効率よく色々な人とマッチングできるということです。

ブースト機能を使うべき時間帯は、tinderを利用している人が最も多い時間帯の夜の19時~22時くらいの間です。

朝方や昼間にやってしまうと、マッチ数が大きく変わってきてしまうので注意が必要です。

いち早くセフレを作りたい男性であれば、有料会員になりブースト機能を適切な時間で使うことで

マッチング率が跳ね上がるため、大変お勧めの機能です。

4つ目は、有料会員になることで、広告表示をなくせるという点です。

tinder(ティンダー)を利用していると、各企業の広告が表示されます。

有料会員になると、無駄な広告をシャットダウンすることができ、快適にアプリを利用することができます。

いちいち広告を消すのもアプリの利用効率を悪くしてしまう原因になるので、有料会員になることで

それがなくなるのであれば、すごく助かりますよね。

5つ目は、スワイプのやりなおしをできるという点です。

「Rewind(リワインド)」と呼ばれる機能で、

  • ライクするつもりがNOPEにしてしまった
  • NOPEするつもりがライクにしてしまった
  • スーパーライクするつもりがLIKE・NOPEにしてしまった

というように、スワイプした際にミスすることってありますよね。

そういった場合に、間違った後でも再検討して選び直すことができる機能のことをいいます。

6つ目は、位置情報の変更です。

ティンダーは基本的に普段の位置情報から、普段居る地域のユーザーが表示される仕組みになっています。

つまり、自分が移動したとしても、位置情報を変更しない限り、表示される人は同じになります。

今は渋谷にいるけど、普段住んでいるところは、杉並区といったように

今の居場所に合わせてマッチングする人も変わる仕組みになっていればより便利になりますよね。

無料会員であれば、基本的に位置情報を変えることはできませんが、有料会員になると位置情報の変更ができます。

これもtinder(ティンダー)を利用する上で大きなメリットではないでしょうか。

7つ目は、年齢距離を隠せるという点です。

tinder(ティンダー)は、有料会員になると、自分の年齢を隠すことができます。

例えば、年齢にネックがありマッチングしづらい場合はこの機能も有効かもしれません。

また、利用しているとプロフィールの欄に〇〇㎞先といったように相手からの距離が表示されます。

距離が遠すぎると、マッチング率に響いてしまうので、隠すことはそういう場合メリットになります。

また近場だけでなく、少し住んでいる所が遠くても良いからセフレが欲しいといった場合は、

この機能は有効ではないでしょうか。

8つ目は、アクティブユーザーの優先順位表示がされるという点です。

tinder(ティンダー) には、登録はしたものの全く稼働していないユーザーや、ほとんど使っていないユーザーも存在します。そういったユーザーを一生懸命スワイプしても労力の無駄になってしまいます。

有料会員になると、アクティブユーザー( tinder(ティンダー) を積極的に使っているユーザー)が優先表示されるため、

相手も同じタイミングでスワイプしている可能性もあり、すぐにマッチングできたり、メッセージの返信が早い人だけを

優先的に選ぶことができるというメリットがあります、

労力の無駄にならないためにも、この機能はすごく便利ですね。

せっかく自分がいいね押した女性が、アプリを登録したのみで放置していたらメッセージのやりとりすらできません。

セフレを作りたい男性であれば、レスポンスが早い女性とマッチングして会う方向に早く持っていきたいと思うのが当然です。そういった場合に、この機能は有効ではないでしょうか。

9つ目は、自分がLIKEした相手やLIKEをくれた相手の表示ができるという点です。

tinder(ティンダー) のシステム上、男女共にランダムにいいねを送り、お互いマッチしたときだけ

マッチングした人として表示されますが、基本いいねが来てもいいねを送っても

どの相手にいいねを送ったか表示されない仕組みになっています。

どんな相手にいいねしたか、いいねされたか確認できたら便利ですよね。

tinder(ティンダー) では、TinderGokdに加入すると、確認することが可能です。

Tinder(ティンダー)の料金体系(セフレを作るために知っておこう)

tinder(ティンダー)でセフレを作るために、より機能を使いこなして多くの人とマッチングしたい人は

有料会員になる検討もするのではないでしょうか。

そういった方のために、tinder(ティンダー)の有料会員になった場合の料金体系を紹介していきたいと思います。

tinder(ティンダー)には、Tinderplus、TinderGold、TinderPlatinumという3つのコースがあり、

それぞれ料金体系も違います。

また、1カ月プラン、6カ月プラン、12カ月プランとあり、TinderPlusが1か月コースで1,950円/月、6カ月コースで7313円(1,219円/月)、12カ月コースで9,751円(813円/月)となっており

TinderGoldが、1カ月コースで2,925円/月、6カ月コースで1,0997円(1833円/月)、12カ月コースで14,627円(1,219円/月)、

TinderPlatinumが、1カ月コースで3,900円/月、6カ月コースで14,627円(2,438円/月)、12カ月コースで19,503円(1,625円/月)です。

1カ月のプランよりも、6カ月、12カ月の方が月額料で言えば安くなるので長期的にTinder(ティンダー)を利用するのであれば、長期コースに加入したほうがよりお得になります。

短期的にセフレを作りたい人であれば、1カ月コース、より多くの人とマッチングして選り好みしつつ

セフレを探したいという場合は6カ月コース、12カ月コースなど用途に応じて

プランと何カ月コースにするか決めるのがお勧めです。

ティンダー(tinder)はなかなかマッチングしづらくセフレを作りにくい?

tinder(ティンダー) は、他のマッチングアプリと違い、マッチングしないとメッセージのやりとりができません。

他のマッチングアプリであれば、いいねが来た中からいいねを返すといった形でマッチング成立するのですが、

tinder(ティンダー) はお互いにいいねを押さないとマッチングできないため、

マッチング率が非常に低いんです。

有料会員であれば、そのようなことは起きないのですが、無料会員ではいいねを見ることができません。

また、 tinder(ティンダー) は、相手の写真が1枚ずつ表示されるスライド方式のアプリです。

写真以外のプロフィールがほぼスライドに表示されないので、見た目で9割が決まってしまいます。

完全に写真の印象が9割といった感じになります。

なので、イケメンや高身長など、見た目に自信がある人はマッチングしやすい傾向にありますが

そうでない人の場合男性のマッチング率はかなり低いです。

他のマッチングアプリのように、条件で絞っていいねを押す人も少なく、検索条件も性別や年齢など簡単なものしか絞り込めません。

第一印象でこの人いいなと思われなければ、いいねをもらうことができないため、大事なのは、表示される1枚目の写真です。

また、 tinder(ティンダー) で、セフレを作りたいのであれば、1枚目の写真を写りの良いものにした方が良いです。

とはいえ、加工アプリで加工しまくった写真などは、女性も加工を見抜いてしまいますし、

印象が良くないため、フィルターなどを使ったり、角度に注意しながら撮る必要があります。

プロフィールも、他のマッチングアプリと違って、長々と書くのではなく、 また、 tinder(ティンダー) では

短く簡潔に印象の良い自己紹介文にしなければいけません。

tinder(ティンダー) でセフレを作るには写真が大事

ティンダーでセフレを作るためには、写真が大事になってきます。

写真の撮り方のコツや、どんな写真がウケが良いのか参考にしていただけたら嬉しいです。

ティンダーの写真は以下のものからアップロードすることができます。

  • カメラ
  • ギャラリー
  • Instagram
  • Facebook

インスタグラムやFacebookからもアップロードできるのは便利ですよね。

盛れた写真があれば、引っ張ってこれやすいからです。

また、載せられる写真の数は最大9枚です。

ただティンダーの場合、2枚目以降スワイプしてもらわないと、プロフィールも相手に表示されないため、

1枚目のメイン写真にこだわりましょう。

1枚目の写真の印象によって、マッチング率が大きく影響します。

メイン写真の場合お勧めなのが、顔がはっきり分かる写真です。

男の自撮りは、あまり印象が良くないため、他撮りの写真を使うのがポイント。

自撮りだと、ナルシストと思われてしまう可能性もありますし、男性の場合女性よりも自撮りに慣れていない人も多いので

なるべく他撮りの写真を使うようにしましょう。

それでも、自撮りの写真で勝負したい場合は、加工カメラのフィルターなどをうまく利用して撮るのがお勧めです。

~お勧めする他撮り写真~

①集合写真や友達と撮った写真を使う

集合写真や、友達と撮った写真に、周りをモザイクをかけて使用する方法も良いと思います。

周りに人が写りこんでいることで、「友人が居て、楽しそうな人だな」と思われる可能性もあります。

注意しなければいけないのは、自分以外の人にモザイクで隠したりスタンプで隠さないと、誰が本人なのか分からなくなってしまうのできちんとモザイクをかけたり、スタンプで隠したりしましょう。

②笑顔の写真を使う

女性でもそうですが、笑顔と無表情の写真があったら、笑顔の写真の方が印象が良いですよね。

facebookやInstagramに笑顔の写真を載せているのであれば、引用して使っても良いですし、

友達との写真の中で、笑顔の写真があれば、他の人にモザイクをかけて使うこともできます。

ない場合は、自分で撮るか、第三者に撮ってもらう方法があります。

ただ、Instagramやfacebookの写真を使う場合、グーグル画像検索によって、身バレする可能性もあるので

身バレしたくない人にはお勧めできません。

写真を撮る機会がなかったり、自分で撮るのに自信がない場合、プロに撮ってもらうのも良いと思います。

フォトスタジオなどで腕の良いカメラマンに撮ってもらえば、自然の笑顔の写真を撮ることもできます。

③横顔の写真

正面の写真だと、粗が目立ちやすくても、横顔であればカモフラ―ジュできる場合があります。

斜め上から横顔の写真を撮るのもお勧めです。

横顔であれば、より自然な感じが演出できますし、正面だと恥ずかしい人にもお勧めです。

~どうしても自撮り写真を使う場合~

自撮り写真を使う場合は、ノーマルカメラで撮る場合、自然光が当たる場所で顎を引くように撮るようにしましょう。

顎を引くことで、顔が小さく見え、相対的に目も大きく映ります。

暗い場所で自撮りしてしまうと、顔がはっきり映らないので、明るい場所(なるべく自然光が当たる場所)で撮るようにしましょう。

加工アプリを使う場合は、顔の大きさや、顔のパーツはいじらずに、美肌フィルターだけを使ってとることによって

詐欺写真まではいかずに盛れた写真を撮ることができます。

男が加工写真なんて・・と思う方もいると思いますが、tinder(ティンダー)では加工アプリを使っている男性も多いので

それほど敬遠するものでもありません。

NGなのは、加工しまくった写真を載せることです。会った時に別人!と思われない程度にしましょう。

~サブ写真に設定するとウケがいいもの~

①全身が写っている写真

サブ写真として上げたら女性からの好感度が高いのが全身の写真です。

スタイルや、全体の雰囲気が分かりやすく、実際会ったときの相違も起きずらいので1枚はアップすることをお勧めします。

女性は貴方の顔だけでなくスタイルも見ています。「やせ型なのか、マッチョなのか、中肉中背なのか」も

全身写真を見れば分かりますし、服装の系統も分かります。

ファッションに自信がない人や、堅めな印象で攻めたい場合は、スーツで撮るのもお勧めです。

②趣味が分かる写真

サブ写真に挙げて効果的なのは、「趣味が分かる写真」です。

スポーツが好きな男性は、「スポーツ関連の写真」、カメラが好きな男性は「自分の撮った写真を載せる」など

自分のことをアピールするためにも、載せてみるのがお勧めです。

サブ写真を見ているということは、1枚目の写真で良いと思ったということなので

貴方に興味がある可能性があります。積極的に自己アピールしていきましょう。

③グルメ、スイーツの写真

グルメやスイーツの写真も女性ウケが良いです。デートに行ったらこんな所に連れていってくれるかもと

女性に思わせることができるからです。普段言っている料理屋さんの写真や、スイーツの写真があれば

積極的に上げるようにしましょう。

④ペットの写真

ペットを飼っている人の場合、愛犬や愛猫などの写真を載せるのもお勧めです。

大事にしてるんだなと好感度が上がりやすいですし、怖い人という印象は持たれづらいです。

そこから話題に発展していくこともあるので、ペットの写真もお勧めです。

⑤旅行先の写真

旅行に行った時の写真を載せるのもお勧めです。特にtinder(ティンダー)の場合、フットワークが軽い人がモテる傾向にあります。アプリの特色上、遊びメインのユーザーが多いので、必然的にそうなるのですが、

旅行先の写真を載せることで「この人はアクティブな人だ」と思われ、印象が良くなるでしょう。

⑥友達と映っている写真

友達と映っている写真は「この人は交友関係が広くて、関わると面白そうだな」「社会性がありそう」と思われる可能性が高いので、友達との写真はサブ写真に載せた方がいいと思います。

自分以外の人にはスタンプやモザイクをかけることで、自分がどれなのか分かるようにしましょう。

tinder(ティンダー)でセフレを作るには、写真が肝心です。

メイン写真、サブ写真共に最大限自分の良さが引き出された写真を使うようにしましょう。

tinder(ティンダー)でセフレを作るためのプロフィール対策

Tinder(ティンダー)のプロフィール文章は、記入できる文字数が他のマッチングアプリに比べ少ないです。

マッチングアプリのプロフィールでは1000文字近く書けるのが多いですが、Tinderでは500文字しか書けません。

なので、100文字~200文字程度で簡潔に書けなければいけません。

まずは、 趣味、職業、勤め先、学歴、居住地の5項目は、自己紹介以外で記入できる欄があるので必ず埋めましょう。

自己紹介文は、女性側も読む気を失いますので、最初の1行~5行が勝負と言えます。

実は、tinder(ティンダー)では、5行目まではスワイプの時点で表示されるのですが、6行目以降はタップしないと見られません。

スラッシュ(/)を使って見やすく書きましょう。

とはいえ、無難すぎるプロフィールは、女性の目に留まる可能性が少ないため

自分のアピールポイント(年収/職業/特技/こんなデートができる)などをできるだけ書くようにすると良いです。

改行のない長文は、女性側も読む気を失いますので、簡潔に自分のことを伝える文章にしましょう。

「ヤリたいです」「セフレ募集」などといった直球的な性的なワードは、使わないようにしましょう。

tinder(ティンダー)でセフレを探しているとはいえ、性的なワードは敬遠されます。

あくまでも、ライトな出会いを目的としたアプリですが、常識はわきまえて文章は書くようにしましょう。

「もう嫌です」とか、「疲れました」といったようなネガティブなワードは論外です。

tinder(ティンダー)でセフレを作りたいのであれば、プロフィールにはこだわらなければいけません。

「写真をこだわり、簡潔で貴方の良さが分かるプロフィール文章を作ること」が大事です。

<OKなプロフィールの例>

左側の画像の人は、身長や好きなアーティスト、住んでいる地域など基本的な情報が事細かく書かれています。

「優しさと連絡まめは自信あり」といったように自分の強みを最大限生かしているプロフィールになっています。

5行の間に自分のアピールポイントをすべて詰め込んだ良い例でしょう。

右側の画像の人は、職業や、好きな女性のタイプを書いています。その上で「ランチやカフェでも行きたいです」といったように、してみたいデートまで事細かに書いています。

パっと見た時に、その男性がどんな人か分かりやすいですよね。

両方とも1枚目の写真が、アップの写真で顔が分かりやすいのも特徴です。

<NGのプロフィールの例>

NGなプロフィールの例ですが、左側の写真は見て分かる通り、顔写真もなく自分の情報がなにも表示されていないのでNGです。

これだと、女性側としても、情報がなさすぎていいねを押しづらくマッチングにはつながりません。

この方の場合、2枚目、3枚目にも写真がありましたが、1枚目の写真がいかに大事か分かっていただけると思います。

右側の写真の場合、今回はスタンプで隠していますが、友達と2人で映っていてどっちが本人か分からないのでNGです。

また、メッセージにも「ほぼ自分からメッセージしないと思います。。。」といったように消極的な文章が書いています。

これだと女性側からアプローチしてくださいと言わんばかりの言葉に聞こえてしまい、

消極的な男性だからやめておこうかな、と思われてしまいます。

マッチングにはつながりにくいでしょう。

tinder(ティンダー)でセフレを作るには、積極的にLIKEした方が効率的

tinder(ティンダー)でセフレを作るなら、できるだけ多くの人にLIKE(いいね)を押した方がマッチング率はアップするので

そこからセフレになる確率も高まります。

当然ですが、マッチング率が低いと「セフレになる女性」の数も減ってしまいます。

tinder(ティンダー)では、「LIKE」が無料会員で12時間ごとに120回、有料会員は無制限に送ることができるので

なるべく多くLIKEした方が得ということになります。

LIKEを押したからと言って、相手がアクティブなユーザーかどうかは有料会員じゃないと分からないので

無料会員の場合は、無作為にいいねを送った方がその分アクティブなユーザーともマッチングしやすいんです。

もちろん、好みもあると思いますが、セフレを作るならあまり選り好みせずに無作為にいいねを送ったほうが

短期間でセフレを作れる可能性が高まります。

またSuperlikeも、積極的に使った方がマッチング率が通常のlikeより3倍高くなるので積極的に使うようにしましょう。

tinder(ティンダー)でセフレを作るには、 朝・昼・夜ログインすることが大事

tinder(ティンダー)では、同じ時間帯のユーザーに優先表示される仕組みになっているので、

朝、昼、夜のすべての時間帯になるべく多くログインすることが大事になります。

仕事の合間や、学校の休み時間でも良いので、どの時間帯でもログインできれば

優先表示される可能性が高くなり、マッチング率も高くなります。

例えば夜だけログインした場合、夜の時間帯にログインしている女性だけしかマッチングしづらいということが起こるのですが、すべての時間帯にログインすることで幅広い女性とマッチングすることが可能です。

tinder(ティンダー)でセフレを作りたいなら、空いた隙間時間で朝・昼・夜ログインするように心がけましょう。

tinder(ティンダー)でセフレを作るには、メッセージにこだわろう

tinder(ティンダー)でセフレを作るには、メッセージにこだわる必要があります。

システムを知った上で、相手に響くメッセージを送らなければいけません。

tinder(ティンダー)では、女性側のメッセージ一覧のページを見ると、個別のメッセージを開くまで最初の15文字が表示されています。

女性は多くの男性からメッセージが来ていることがほとんどなので、メッセージを読まれるためにも

15文字で効果的な文章を送る必要があります。

上の画像は女性側のページです。詳しくメッセージを見るには、タップする必要がありますよね。

ここで、女性に響くメッセージを15字以内に絞り込まなければいけません。

自分のことを説明する余裕はないので、「女性が喜びそうなメッセージ」に絞って他の人と差別化しなければいけません。

「よろしくね」「マッチングしてくれてありがとう」だけだと味気がなく、流されてしまう可能性もあるので

「好みでした、仲良くしてください」といった女性を褒めてあげるメッセージや、「選ばれて嬉しいです」といったインパクトに残るメッセージを15字以内に残しましょう。

また1通目のメッセージから、さらに返事が返ってきた場合は、相手のプロフィールや写真を見て

「〇〇がお好きなんですか?」「僕も〇〇が好きなんです!」といったように共通点を見つけたり相手の好きなものを突っ込んであげたりすると喜ばれます。

相手を思いやる優しさが必要になります。

最初から下ネタを言ったり、自分の話題ばかりすると嫌がられる可能性があるので注意しましょう。

目的はセフレを作ることですが、セフレを作るにはまず会うところまで持っていく必要があります。

最初から「セフレ目的で探してます!」というメッセージは直球で伝わりやすいんじゃないかと思うかもしれませんが、

下手したらブロックされる可能性もあるのでやめておきましょう。

あくまでも、仲良くなりたいということを穏やかに伝えることが重要です。

会話が4往復くらいになったら、相手の出方次第では予定などを聞いて会う日程を決めていくのも良いと思います。

その際に注意なのは、会いたいということを焦って伝えることです。

女性は警戒心が強い人が多いので、「すぐに会おう」という旨のことを伝えること「この人ガツガツしててなんか嫌だな」と思われる可能性が高くなります。

徐々に心を開いてくれるように、やりとりを重ねてから切り出すようにしましょう。

無料会員でセフレが見つからない場合は、有料会員も検討しよう

やることはやったのに、なかなかマッチングしないしセフレも見つからないという場合は、有料会員になって

機能を使いこなすことで、よりマッチング率をアップさせることも考えましょう。

ブースト機能を使う

ブースト機能を使うことで、ブースト機能を使ってから30分間、貴方の地域の異性ユーザーに優先的に表示されます。

またプロフィールの閲覧数も使わない時に比べて10倍になるので、マッチング率も上がります。

どうしてもマッチングしない、という場合は、ブースト機能を積極的に使うようにしましょう。

また有料会員になると、スーパーブースト機能を使うことができます。

ノーマルのブーストは30分しか表示されないところ、最大12時間も表示されるんです。

12時間、自分のプロフィールが地域ユーザーの中で優先表示されたら、マッチング率が跳ね上がるのは

確実ですよね。

ブースト機能、スーパーブースト機能を使うタイミングは、休日の夜の19時~22時くらいの間が最も効果的です。

tinder(ティンダー)のアクティブユーザーが最も多い時間帯だからです。

ブーストを使うタイミングは、曜日や時間帯も大事になるので、狙ったタイミングで使うようにしましょう。

・無制限でいいねを送りまくる

tinder(ティンダー)は有料会員になると、いいね(LIKE)を送れる数が無制限になります。

無料会員だと12時間毎に120回しか送れないため、120人の中からお互いいいねを押した人としか

マッチングできません。

それだと、なかなかマッチングしない・・という人も多いと思います。

そこで有料会員になって、いいねを無制限に送りまくることで、マッチング率は跳ね上がるわけです。

ティンダー(tinder)は、女性会員のほとんどが無料会員であり

いいねを来た人を見ることができません。

なので、お互いにいいねを送り合った人たちだけがマッチングするというシステム上

いいねをなるべく多く送ることは、マッチングするには必殺技ともいえるでしょう。

tinder(ティンダー)でセフレを作るには、業者には気を付けよう

どのマッチングアプリにも存在しますが、女性ユーザーの中には「業者」も紛れ込んでいます。

業者には、「美人局」「援デリ業者」、「自分のお店に誘いこむキャバ嬢」「ネットワークビジネスの勧誘」などがあります。

・美人局

美人局とは、女性側がターゲットをホテルに誘い、夫のフリをした男性と共謀して「慰謝料」と名乗り金銭を要求する詐欺行為です。

美人局は、マッチングアプリにも少なからず存在します。

美人局にどうしたら引っかからないか見極めるポイントですが写真が美人すぎたり、

あまりにも積極的な場合は怪しいと思っても良いかもしれません。

tinder(ティンダー)は、女性も完全無料で使えるマッチングアプリなので、業者も参入しやすいです。

見分け方としては、「写真が1枚しかない」「プロフィールが1行、または空白」「写真が美人すぎる」「すぐにホテルに誘ってくる」などです。そういった女性がいたら美人局かな?と疑った方がいいです。

怪しい場合は、「違う角度からの写真をもらう」のも手段として有効です。

美人局の場合、写真で男性会員を惹きつけ、メッセージのやりとりをしてホテルに誘いこむのが目的なので写真は「拾い画」の可能性が高く、複数枚写真がない場合が多いからです。

美人局の場合、メッセージのやりとりは、グルでやっている男性がほとんど行っているため

男心をくすぐるような内容のメッセージが多いです。

騙されないように注意しましょう。

・援デリ業者

援デリ業者とは、援助交際を持ちかけて客をとる実質はデリヘル業者のことを言います。

打ち子を使い、男性を会うところまで誘導し、女性の業者が登場し、お金をだまし取ることが目的です。

男性会員を誘う役割の人を「打ち子」と呼ぶのですが打ち子を使い、メールで男性を集客します。

打ち子と呼ばれる人は実は女性ではなく男性です。

つまり、写真は女性だけれど実際にメールのやりとりをしている相手は男性ということになります。

メッセージでは、「良い感じのムード」を装い、その気にさせ言葉巧みにホテルに誘導して、色々な理由をつけてお金を請求してくるのが援デリ業者です。

行為に及んだか及んでないか関係なく「この日のために洋服代や、ピル代などお金がかかったんだから」といったように言いがかりをつけ、お金を要求してくるのです。

援デリ業者かの見分ける方法は、会話が不自然かどうかです。

無作為に色々な男性に送っている場合が多いので、メールがテンプレートのようになっています、

もしメールの段階で話が怪しいなと思ったらブロックする、本人と分かるような物を提供してもらうなどして

本人かどうか確認するのが良いでしょう。

・自分のお店に誘い込むキャバ嬢

現役キャバ嬢で、集客のためにマッチングアプリを利用して、お店に誘導するキャバ嬢も存在します。

売れているキャバ嬢は、わざわざマッチングアプリで集客はしないですが、売れていないキャバ嬢こそ、マッチングアプリを使って男性をお店に誘導します。

キャバ嬢の勧誘かどうか、見分ける方法は「自分でキャバ嬢」と名乗っているかどうかがまずポイントです。

中には、キャバ嬢の中には普通の出会いを探している場合もあるので、全員に警戒する必要はありません。

ですが、お店に来てほしいなどといった営業メールを送ってくる場合は、明らかに勧誘なので

断るようにしましょう。

・ネットワークビジネスの勧誘業者

マッチングアプリに多くいるのが「アムウェイの勧誘」です。

アムウェイは、マルチ商法の1種です。

「今より稼げる仕事探してないですか?」といったような文章を送ってきた場合、業者の可能性が高いです。

興味ないことをきっぱり伝えるか、ブロックするのがお勧めです。

tinder(ティンダー)にも、業者は存在します。見極められる目を付けることが大事です。

tinder(ティンダー)でセフレができない、そんな方には他のアプリと併用がお勧め

tinder(ティンダー)は、男女共に無料で使える点が人気を集めている理由でもあります。

ですが、男性のマッチング率は平均 0.5~5%と言われています。

tinder(ティンダー)の女性の平均マッチング率は80~95%なので、どれだけ男女差があるか分かりますよね。

他のアプリに比べて、tinder(ティンダー)でセフレを作るにはハードルが高いと思われます。

またtinder(ティンダー)の場合、いいねをもらった人が見えないという点や

同じ顔写真でスワイプ式のアプリの「タップル」や、検索型アプリの「ペアーズ」の場合、いいねを送った人や、送ってくれた人が分かりますし、男性会員の1ヶ月あたりの平均マッチング率はtinder(ティンダー)よりも高いです。

tinder(ティンダー)に比べて、趣味や性格、身長、職種など、顔以外の情報をみて判断してもらえるので、

見た目に自信がない人でもマッチングしやすいです。

また、tinder(ティンダー)には、趣味のコミュニティがないため、趣味繋がりでマッチングすることもできません。

タップルやペアーズは、趣味のコミュニティに入ることができ、コミュニティー繋がりで

マッチングする可能性もあるので、マッチングの確率が高くなります。

セフレを探すのであれば、他のマッチングアプリも併用して使ってみてはいかがでしょうか。

また、セフレを探すのであれば、「出会い系」もお勧めです。

出会い系はtinder(ティンダー)よりも、女性の目的がそれぞれのため、ワンナイト希望の人も多く居ます。

またtinder(ティンダー)に登録している人はイケメン希望の人が多いのですが、

出会い系は幅広い人が、相手にしてもらいやすいので、セフレを作るには最適なアプリとも言えます。

tinder(ティンダー)でセフレを作るのは、顔に自信がある人じゃないと難しく敷居が高いため

セフレを手っ取り早く作りたい場合は、出会い系がお勧めです。

出会い系に抵抗はあるけど、セフレを作りたいという場合は「タップルや、ペアーズ」

とにかくセフレを早く作りたいという場合は「出会い系」を登録するのがお勧めです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

10代の頃から20代中盤までに、人生を捧げるほどの2回の泥沼大恋愛を終えて、そこからは東京に移り住み、大人の恋愛からパパ活まで、大体なんでもやってきた女。20代の総決算?的に兄とこのサイトを始めた。

目次
閉じる