メニュー

出会い系でドタキャンする人の理由と対策法

出会い系を兄と妹が語りつくす

出会い系で待ち合わせしようと思っていたら、まさかのドタキャンされた・・

出会い系で初めて会う女性とのデート、直前になってドタキャンされたら相当ショックなものです。

今回は、出会い系で待ち合わせ直前になってドタキャンする女性の心理や、対策法についてご紹介していきたいと思います。

目次

出会い系でドタキャンする女性の心理

・会うのが不安になった

出会い系で、ドタキャンする女性の中には、直前になって会うのが不安になってドタキャンする人も居ます。

会ってみてどんな人か分からない・・変な人が来たらどうしようという不安から会う予定ごとドタキャンしてしまえば、

不安は払拭されると考え、直前になってドタキャンするのです。

理由としては、プロフィールやメッセージのやりとりで、安心できる材料がなかったというのが考えられます。

会う前から、「安全な人ですよ」というのがアピールできていたら、女性側も安心して会うことができます。

ある程度、会う前から、女性を思いやるメッセージを送ったり、自己開示することが大事です。

また、プロフィールの写真や文章で、良く分からない人だなと思われると、女性も会う前に不安になります。

なるべく基本項目は埋めて、写真も雰囲気が分かるような写真を載せるようにしましょう。

・体調不良

女性側が生理で体がだるい、風邪を引いてしまったといった体調不良からドタキャンすることもあります。

嘘であれば、許せないことですが、本当に体調不良の場合はしょうがないことです。

この場合は、再度日程調整をするのがお勧めです。

女性の体調が回復した頃に、再度予定を組みましょう。

・写真とのギャップで萎えられないか心配になった

女性の中には、加工した写真を使って出会い系をしている女性も居ます。

出会い系で使う写真は映りが良い方が、より多くの男性からメッセージが来るため

加工した写真を使って男性の気を引こうとする女性が多いです。

そのため、実際に会う時に相手にがっかりされてしまうのを恐れるようになったり、相手がデートの途中で帰ってしまったらどうしよう・・といったように、女性の中で不安が増強してしまい、だったら会うまでにドタキャンしてしまおうという発想になることがあります。

対策としては、女性の写真を会う前から何枚か貰った方が良いでしょう。

何枚か送ってくれる女性の方が信頼できますし、ドタキャンされる確率も低くなります。

・面倒臭くなった

出会い系でドタキャンする女性の中には、面倒臭くなってドタキャンする女性も居ます。

待ち合わせ場所が遠い、準備するのが疲れる、長時間デートするのが面倒といったように理由はさまざまありますが、直前になってドタキャンすれば面倒事から避けられると思いドタキャンするのです。

対策としては、女性に面倒だと思われないために、待ち合わせ場所を女性が出やすい場所に指定したり、

初回のデートの時間は短めに設定するなどするのが良いでしょう。

面倒だからといってドタキャンする女性のために、男性が対策を考えるのは癪ではありますが

女性側の都合も考えて行動すると、ドタキャンされる確率は低くなるでしょう。

・予定ができた

女性側の都合で、別の予定を優先してしまう場合は、ドタキャンされる確率が高くなります。

約束事を決めることは、優先順位で考えますよね。

別の用事を入れた方が、その時間を有効に使えると考えている女性は、他の予定を入れて貴方とのデートをドタキャンする可能性があります。

対策としては、ドタキャンされた時点でその女性は不誠実である確率が高いため、他の女性を探しましょう。

・気分が変わった

待ち合わせ日時や場所を決めた時は、女性が勢いやノリでOKしたけれど当日になって気分が変わった場合もドタキャンされやすいです。

気分屋の女性や、後先考えず予定を入れる女性は、当日になってから気分が乗らず待ち合わせにこないことがあります。

そういった女性は、自分の気分最優先で行動するため、もし深い関係になったとしても振り回される可能性が高いです。

対策としては、気分でドタキャンするような女性は不誠実で、日程を再調整してもまたドタキャンする可能性もあるので、ドタキャンされたら、その女性と深く関わらないことです。

・そこまで会いたくなかった

出会い系でドタキャンされる理由として、貴方にそこまで会いたくなかったという理由もあるかもしれません。

出会い系では、女性は多くの人からアプローチ受けることが多いです。

出会い系では、男女比率的にも、女性というだけで多くの男性からメールが来るので、貴方の優先順位が低い場合

違う方との約束を優先され、ドタキャンされる場合があります。

その場合は、会いたい熱量がそこまで高くなかったということなので、諦めて違う女性を探しましょう。

・相手に嫌な態度をされたらどうしようと不安になった

出会い系で実際に会うことになり、女性側が「嫌な態度をされたらどうしよう」と頭を悩ませてしまうパターンもドタキャンに繋がります。写真と違うと思われたらどうしようとか話してみて盛り上がらなかったら

嫌な顔されないかなといったように、頭の中で危機回避しようと頭を巡らせた結果、ドタキャンする結果に至るんです。

この場合は、男性側からメッセージの段階で話題を提供したり、安心させるような発言をするように心がけることで、

ドタキャンを回避できる可能性があります。

・サクラだった

出会い系には、高額出会い系に誘いこむサクラが存在します。

一般人に紛れてメッセージしてくるため、最初は見分けがつきづらいですが、慣れてきたころに「ここでアカウント削除されそうだから、他のサイトでやりとりしよう」といったように言葉巧みに勧誘してくるようになります。

他のサイトに誘導するのが目的なため、実際に会うことまでは想定していません。

会う流れに持っていくことで、期待を抱かせ、サイトに登録させようとしますが、実際に待ち合わせに来ることはありません。

対策法としては、メッセージの段階でサクラかどうか確認する必要があります。

写真を何枚か貰ったり、指定したポーズで写真を撮ってもらうといったやり方で、サクラかどうか確認しましょう。

・デートの内容が重い

初対面の人とデートに行く約束で、遊園地や遠距離ドライブ、旅行といったように重い内容である場合、ドタキャンされやすいです。

女性側も会ったことのない人と、長時間デートするのは不安です。

初回のデートは、カフェでお話する、食事に行くといった軽いデートをするのがお勧めです。

男性からしても、どんな人か分からない状態で長時間のデートのプランを練るのはリスクがあります。

お互いのことを考えた上でも、初回のデートは短時間で軽いデートにするようにしましょう。

出会い系でドタキャンされないための対策法

・きちんと自己開示しておく

女性側が貴方のことをどれくらい知っているかで、安心度は変わってきます。

職業や、趣味、休日の過ごし方、出会い系をやったきっかけ、内向的なのか外交的なのかなど性格的なこと、

今まで恋愛経験など、なるべく多くの情報を自己開示することによって、女性は安心して貴方に会うことができます。

出会い系でドタキャンされないためには、女性に自己開示をなるべくするようにしましょう。

・電話やメッセージで距離を縮めておく

出会い系でドタキャンされないためには、電話やメッセージで女性との距離を縮めておくのが大事です。

特に電話は、声のトーンや話し方など貴方がどんな人か分かりやすいので、距離を縮めるツールとしてお勧めです。

女性に安心してもらうためにもできるだけ電話はするようにしましょう。

・待ち合わせ場所は女性の出やすい場所に指定する

待ち合わせ場所が女性の家から遠いと、面倒になってドタキャンされる可能性があります。

女性の最寄り駅から近い所に設定することによって、女性が待ち合わせ場所までスムーズに来やすく

ドタキャンされる確率が下がります。

女性に対して思いやりを持つことで、ドタキャンも回避できる他、その後関係が発展するかどうかも大きく変わります。

・不安感を与えないようなメッセージを送る

「会ったらいちゃいちゃしたい」「〇〇ちゃんと会ったら我慢できないかもしれない」といったように女性の不安を煽るようなメッセージは送らないようにしましょう。

良い例としては、「友人には、一緒にいると落ち着くって言われるよ」「女性には優しいって言われることが多い」といったように第三者に自分がどういう人間と言われているか、大雑把でいいので自分の人間性をアピールするようにしましょう。

・会う日は最短で設定する

会う日は、前日や前々日などに決めておいた方が良いしょう。女性の会うモチベーションが下がらないうちに会うことができるからです。気分屋の女性だと、1週間後などに約束を決めてしまうと、気分が変わって、やっぱり行くのやめようかなといったようにドタキャンされる可能性が高いです。

約束は、1~2日後など最短で設定しましょう。

・LINEを交換しておく

出会い系でドタキャンを防ぐためには、LINEを交換しておいた方が良いでしょう。

LINEを交換すると、女性側も名前やアイコンなど個人情報がある程度、バレてしまうため、ドタキャンしづらくなります。

LINEを交換した方が、レスポンス自体も早くなりますし、信用されている証拠でもあるので、LINEは事前に交換しておくようにしましょう。

・会う時のメリットを教える

女性側の家の近くでご飯を食べられる、美味しい店や有名店に連れて行ってくれる、自分が話術に自信があるから会ったら楽しいといったように、女性側が自分と会うメリットがあるなと思うと、ドタキャンしようと思わなくなる可能性が高いです。また、会った後も関係性も発展しやすいので、会うメリットは提示しておいた方が良いでしょう。

・事前に写真を送っておく

出会い系で女性が一番不安なのは、「どんな人が来るんだろう」ということです。

相手の顔や、素性を知れた方が会おうかなと思いますし、不安なく待ち合わせ場所に行くことができます。

雰囲気が分かるような写真を何枚か送るようにしましょう。

顔に自信がない人は、横顔の写真や遠くから映っている写真などを送ることをお勧めします。

あくまでも、顔の細部ではなく、全体の雰囲気が分かれば大丈夫です。

・カフェなどで顔合わせする

出会い系での初回でのデートは、カフェで30分くらいといったように軽いデートをすることをお勧めします。

予想外の女性が来る可能性もありますし、その方が男性のリスクも軽減できるからです。

初回のデートは、お互いが気に入るかどうかの見定めるためであり、長時間のデートの必要はないです。

女性側も、30分のカフェのデートであれば、気後れすることなく待ち合わせ場所に来ることができます。

長時間のデートを約束してしまうと、会話が弾むかどうかや、もしお互いタイプじゃなかったらどうしようといったようにお互いに会うまでに不安になってしまいます。

最初のデートで全て分かろうとするのは不可能だと思って、顔合わせで大体の感じが分かればいいやといった捉え方で初デートに臨んだ方がうまくいく可能性が高いです。

ドタキャンされないためには、初回のデートはカフェで30分くらいで話すようにしましょう。

出会い系でドタキャンされやすい男性の特徴

・会う前から下ネタを言う

会う前からLINEやメッセージで下ネタを言う男性もドタキャンされやすいです。

女性は警戒心が強い人が多いため、下ネタを言う男性は軽い男性だなと思いますし、

会っても下ネタばかり話されたら困るな・・といったように会うことを躊躇してしまいます。

会う前から下ネタを言うような、ノリが軽すぎる男性は、女性から敬遠されるので注意しましょう。

・女性の家から遠い場所を待ち合わせ場所に設定する

女性の最寄り駅から、1時間かかるところなど、遠すぎるところを待ち合わせ場所に設定してしまうと、

女性は面倒になり、ドタキャンする確率が高くなります。

貴方の住んでいる場所と、女性の住んでいる場所が遠い場合、つい中間点に待ち合わせ場所を指定しがちですが、

そこは優しさで、女性の家から出やすい所で待ち合わせした方が良いでしょう。

・車で迎えにいくよという

「車あるから車で迎えにいくね」といったように、誘った場合ドタキャンされる確率が高くなります。

初対面の人の車に乗るのは、女性は警戒しますし、一度いいよと言ったものの後で怖くなりドタキャン・・ということもあり得ます。

車は便利ですし、関係性がある程度築けたら良いですが、初対面で車を出すのはやめましょう。

・写真やプロフィールがきちんと書いていない

プロフィールが短文だったり、自分のことをあまり書いていないと、女性は会う前から警戒します。

職業、年齢、趣味、良く行く場所、性格、出会い系に登録した理由など細かく書くようにしましょう。

・秘密が多い人

職業や、年齢、自分の顔をあまり載せていない、既婚者かどうかなど隠すことが多ければ多いほど、

女性は不信感を抱きます。「この人良く分からないから会うのやめようかな・・」というように

ドタキャンされやすくなります。出会い系でドタキャンを防ぐには、なるべく秘密にすることをやめて、自己開示を積極的にするようにしましょう。

・下心見え見えな人

会う前から、下心見え見えな男性も、女性は怖がって会うのを避けようとします。

ホテルに行く話をしたり、今までの経験人数を聞くなど、女性からすると大人の関係しか考えてないんだなと思い、

敬遠されるので、下心見え見えな行動はやめましょう。

・怖い人

「~だろ」「そりゃあな」といったように口調が怖い男性や、最初からため口、命令口調の男性などは怖い印象だと思われ、女性も会うことを怖がります。メッセージする時は、口調で威圧感を与えないように気を付けましょう。

女性の発言に対して、共感してあげたり受け身になって聞く姿勢を持てば、女性側も心を開いてくれることも多いです。

メッセージのやり取りの時から、優しい口調で話すように心がけましょう。

出会い系でドタキャンしやすい女性の特徴を見抜こう

・気分屋の女性

会う前は、会うつもり満々で居たけれど、当日に気分が変わったというような気分屋の女性はドタキャンしやすいです。

やる気がなくなったら行かないほうがいいというように、気分に流されやすい性格であるため、当日になって何かしらの理由をつけてドタキャンします。

体調不良ではないのに、「今日ちょっと体調が悪くて・・ごめんなさい」というように、平気で嘘をつくのも特徴です。

ドタキャンが習慣になってしまっている、どうしようもない女性もいるので注意が必要です。

<対策法>前日、当日の朝に女性に連絡してみるという方法がお勧めです。

できれば、会う直前と前日に連絡を取ってみて、近況を確認してみることです。

・最初から会うつもりがない女性

最初から会うつもりがない女性も、平気でドタキャンをします。会うつもりがないのに、なぜ約束するかというと流されやすい性格だからです。受け身で、なんでも良いよと答えるタイプの女性は、断ることすら面倒臭くなり、行く気がないのに日にちや時間まで決めます。

最初から会うつもりがないのに、約束を入れるような女性は信用できませんよね。

<対策法>

前日や、約束の2時間前など何度か確認してみるのがお勧めです。

また会う前に、会う熱量があるかどうか見極めるようにしましょう。

・他に男性からの誘いが多い女性

出会い系で他の男性からの誘いが多い人は、ドタキャンしやすいです。なぜかというと、同時並行で予定を組んだりするからです。色々と予定入れているうちに、当日面倒になってドタキャンという風に、女性の中で貴方の優先順位が低ければ、平気でドタキャンします。

<対策法>当日、会うつもりがあるかどうか女性に確認してみるようにしましょう。

・急に会おうとする女性

メッセージのやりとりを始めてすぐに、女性の方から「会おう」と言ってくる女性も注意が必要です。

男性からすると、女性からデートに誘ってくれるのは嬉しいですし、応じたくなりますが、

もしかしたら、他の男性とのデートをドタキャンされたから、空いた時間で貴方との予定を入れようとしている可能性が高いです。

こういった女性は、基本会えるなら誰でも良いという感覚で誘っていることが多いですし、

他に貴方よりスペックが高い男性や、近場の男性で会える人が見つかれば、そちらの誘いに乗ることも多いので、

ドタキャンされる可能性が高いです。

当日に、「今日会える?」といったように女性側から提案された場合は、1度疑った方が良いでしょう。

<対策法>急に会うということには理由があるので、理由も聞いてみた上で直前に前から会えるかどうか事前に確認しておきましょう。

見分けがつかない場合もあるので、その場合は近場のカフェに呼んでみるといったようにリスクを最小減にしておくことで、被害は少なくなります。

・サクラ、キャッシュバッカ―などの業者

サクラとは、出会い系と全く関係ない他のサイトやサービスに登録させる業者のことで、キャッシュバッカーは、ポイント制サイトにいる業者のことを指し、キャッシュバックで得る収入を目的に活動している女性のことを指します。

キャッシュバッカーは、男性とのメッセージが多ければ多いほど、ポイントのキャッシュバックが多くなるので、メッセージのやりとりも必然的に多くなります。

サクラもそうですが、会うことをちらつかせて、メッセージのやりとりをしてくるのが特徴です。

サクラや、キャッシュバッカ―の場合、会ってデートするのが目的ではないため、当日になってドタキャンされることが多いです。

<対策法>やりとりの段階で怪しいと思った場合は、約束を入れないようにしましょう。見極める力が必要です。

短文のメッセージが多かったり、長い間メッセージ交換をしているのに、なかなか連絡先を教えてくれない女性は業者だと疑った方が良いでしょう。

また写真を複数枚貰うのも、業者かどうか見極められる手段としては有効です。

・警戒心が強すぎる女性

男性や、初対面の人に対して、警戒心が強すぎる女性も注意が必要です。

慎重に相手のことを見極めたい女性や、約束したにも関わらず、その日を考えてるだけで胸が苦しくなってくるといったように心配性の女性は、当日になって、押し寄せてくる不安感からドタキャンすることがあります。

<対策法>

メッセージの段階で、自己開示を積極的にして「僕はこういう人間です」というのをアピールしましょう。

また、メッセージをしている最中に、積極的に共感して心に寄り添うことも大事です。

自己開示しつつ、女性のメッセージに対して、積極的に共感することで、貴方が「安心な人だ」と思われる確率が高くなり、ドタキャンを防げる可能性が高くなります。

相手に自己開示をした上で、安心感を与えられるような発言をするように心がけましょう。

当日の朝と、直前に連絡を入れてみて、ドタキャンの可能性がないか確認しましょう。

ドタキャンされると悩んでいる方にはデーティングアプリがお勧め

出会い系でドタキャンされると悩んでいる方は、マッチングしてからすぐに会えるタイプのデーティングアプリを使うのがお勧めです。

最短で日にちを確定でき、デート率も40%と非常に高いです。

デーティングアプリとは、出会いのアプリの総称の1つで”より会うこと”に重きを置いているアプリのことです。

マッチングアプリで会うまで長い・・なかなか会うまでにこじつけないという方も

ディーティングアプリであれば、最短で会うことが可能です。

<DINE>

DINEは、マッチングしてからすぐに一緒に行くお店をすぐメッセージで決めるので、最短で出会うことができます。

「100通のメッセージより1回のデート」というコンセプトでデートにコミットしたマッチングアプリです。

DINE(ダイン)のマッチング後のデートは40%という高いデータも出ています。

行きたいお店を選んで、気になる異性にアプローチすると、すぐに初デートの日程調整ができちゃいます!

大まかな使い方としては、他のマッチングアプリと一緒で、登録→相手検索→いいねを送る→マッチング→メッセージのやりとりをする→会う という流れです。

DINE(ダイン)で相手を検索するときは、スワイプ式で1人ずつプロフィールが表示されます。

そこで、右スワイプするか左スワイプするか、決めます。

他のマッチングアプリと違う点は、DINE(ダイン)の場合、プロフィールを書く際に行きたいお店をまず選びます。

そこでデートで行きたいお店をまず選択するんです。

どこのお店に行きたいか決まってない、という場合も、アプリ内から300以上のお店から選択できるので

そこからいくつか選択します。

ちなみに、デートに使うお店なので、口コミやお店の詳細も気になりますよね。DINE(ダイン)の場合、

アプリ内で「Retty」または「食べログ」情報を確認することもできます。

その後、いいねと一緒に「行きたいお店」を提案して、相手のニーズに合えばマッチング成立です。

いいねをする場合は、相手の指定しているいくつかのお店の中から、1つ選んで「ここに一緒にいきたい」という提案することで、相手がいいねを返してくれたら、マッチング成立です。

メッセージのやりとりは基本、会う日程を決めるだけ。

いいね=このお店に一緒に行きましょう が前提になっているアプリなので、煩わしい駆け引きやメッセージをすることなく、最短でデートすることができます。

女性と男性が両方とも、「アプリをやる目的が一緒で明確」という点が最大のメリットです。

「お互い会ってみないと分からない」というスタンスのアプリのため、最短で会うにはぴったりのアプリでしょう。

<DINE(ダイン)の料金体系>

DINE(ダイン)の料金体系は上の通りで、25歳以下か、そうじゃないかによって料金が異なります。

また、女性は無料の会員が多く、男性は有料会員がほとんどです。

Dineの有料会員には「1ヶ月」「3ヶ月」「6ヶ月」「12ヶ月」の4つのプランがあります。

男女どちらかが有料会員であれば、メッセージが送れますが、そうでない限りメッセージは送れません。

自分が有料会員になることで、相手にメッセージを必ず送れるので、有料会員になることをお勧めします。

無料会員のままだと、誰にでもメッセージが送れる状態にならないので、マッチングは難しいでしょう。

DINE(ダイン)に登録するに当たっては、有料会員になることが必須です。

最初は1カ月プランから初めて見ても良いかもしれませんが、年単位で見ると高くついてしまうのと

1カ月ではなかなか出会う数に限りがあるという点から、6カ月プランが一番お勧めです。

6カ月プランには「デート保証」が付いていて、デートが成立しなかった場合、無料で有料会員期間を延長してくれるシステムになっています。

有料会員期間を延長してくれるシステムは有難いですよね。

1カ月プラン、3カ月プランに比べて、割引率が高いのもポイントです。

12カ月プランの方が割引率はもちろん高くなりますが、12カ月も使うか分からない、途中で辞めたくなってしまうかもしれないと思っている場合、もしやめた場合も課金した分はお金が戻ってこないので

この中であれば6カ月プランが一番お勧めです。6カ月といえば半年間ですから、マッチングしてからのデート率40%というのも考えると、十分遊べますよね。

どのプランに入会しよう・・と悩んでいる方は6カ月プランを検討してみることをお勧めします。

<DINE(ダイン)の口コミ>

DINE(ダイン)を実際に利用している人の口コミを見ると


・やり取りが楽で、使い方がシンプルで使いやすい

・マッチングした後は挨拶とかなしにデートの日程調整ができるからメッセージが面倒な自分には非常に嬉しい

・東京カレンダーに載っているようなおしゃれなお店で、美味しいご飯食べながらデートできるのが良い

・他のアプリに比べて、美男美女が多いイメージ

・予約できるお店にハズレがない

・常識のある人が多い


といった口コミがありました。

出会い系と違い、DINEはデートの日にちを最短で決めることができ、 ご飯を食べてからお互いの相性を確認するといった趣旨のアプリなので、 ドタキャン率も非常に低いです。

出会い系でドタキャンされると悩んでいる方には、DINEを登録するのをお勧めします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

10代の頃から20代中盤までに、人生を捧げるほどの2回の泥沼大恋愛を終えて、そこからは東京に移り住み、大人の恋愛からパパ活まで、大体なんでもやってきた女。20代の総決算?的に兄とこのサイトを始めた。

目次
閉じる