メニュー

マッチングアプリに潜むやばい女の実態

出会い系を兄と妹が語りつくす

マッチングアプリをやっていると、「やばい女」に遭遇することがあります。

実際にマッチングアプリをやっていて、やばい女に遭遇した人もいるかもしれないですが

これから始めようと思っている人で、やばい女にに警戒している男性もいるのではないでしょうか。

今回は、そんなマッチングアプリに潜むやばい女の実態について調査しました。

目次

マッチングアプリに潜むやばい女「金目当ての女」

マッチングアプリを利用している女性の中には、男性から金銭を貰うことを目的にして利用している人もいます。

中には、自分の店の客として取り込むためだけに、マッチングアプリで営業を行っているキャバクラ嬢も存在します。

売れているナンバーに入っているキャバ嬢は、わざわざマッチングアプリで集客することはありませんが、

売れてないキャバ嬢であれば、自分の客を増やす手段としてマッチングアプリを利用することも。

彼女らは、マッチングアプリで恋愛することは更々なく、「お店に呼んでお金を落としてくれること」だけを望んでいます。

メッセージの段階で「お店に来てくれない?」と集客する場合もありますし、

実際に会った後に、待ち合わせ場所を、お店の近くに指定し「近くで安く飲める場所あるんだよね」など言われ、

ついていったら、キャバクラだったという場合もあるので、注意しましょう。

丸め込まれないように注意しましょう。

また、マッチングアプリには「援デリ」と呼ばれる業者も居ます。

打ち子を使い、マッチングアプリで男性を会う方向にもっていき、お金をとるデリヘル業者のことを言います。

男性会員を誘う役割の人を「打ち子」と呼ぶのですが打ち子と呼ばれる人は実は女性ではなく男性です。

つまり、写真は女性だけれど実際にメールのやりとりをしている相手は男性ということになります。

メッセージでは、「良い感じのムード」を装い、その気にさせ言葉巧みにホテルに誘導して、色々な理由をつけてお金を請求してくるのが援デリ業者です。

メッセージの段階では、男心が分かっている打ち子がその気にさせるために必死でメッセージを送っているので

良い子だなと騙される男性も多いです。メールで見抜くのは難しいかもしれません。

援デリ業者は、写真は加工を使ったものや別人を使い、実際に会うと写真と似ても似つかない人が来ることが多いです。

デブでブスだったり、アプリで公表している年齢より全然年上の人が来たり、外国人がきたりします。

実際待ち合わせして、全然違う人がきたらそれだけでも驚きますよね。

待ち合わせした後も、半ば強制的にホテルに連れていかれ、実際に行為に及んでいなくても「この日のためにピル代や美容代、交通費など色々なお金がかかったから

お金ちょうだい」といったように、お金を要求してくるのです。

間違えて行為に及んでしまうと、高額なお金を要求されます。

お金を払わないでいると「騙された」「暴行された」と言って警察を呼びますといったように脅しにかかってきます。

もしも払ってしまった後に返してほしいという旨を伝えても、もちろん返してもらえません。

メッセージのやりとりから、そういった「業者の女」を見極めることができたらいいのですが、

タチが悪いのは実際会ってみてキャバ嬢だったり援デリ業者だった場合です。

金銭だけでなく、洋服屋に連れていかれて高級な洋服を買わされたり、ブランド品をねだられるケースもあります。

対処法としては、メールの段階でおかしいと思ったら、ブロックする。待ち合わせの段階で違和感に気づいた場合は、逃げる。自分では対処しきれない場合は警察を呼びましょう。

マッチングアプリに潜むやばい女「ビジネス勧誘女」

一番最近多いのは、「アムウェイの勧誘」です。

アムウェイは、マルチ商法の1種ですが、アムウェイいう会社の商品をねずみ講のように売る手法です。

紹介すればするほど、儲ける仕組みになっているので、マッチングアプリを媒体として紹介してくる業者女も多いです。

対処法としては、無視するか、「興味ありません」ときっぱり断りましょう。

他には、ネットワークビジネスの勧誘もあります。

「副業に興味ありませんか?」「今より稼げる業種があったら嬉しくないですか?」など言葉巧みに勧誘してきます。

マッチングアプリは、恋愛目的や、婚活目的の女性が多い中、身元も知らないような男性に別の仕事を紹介するような女性は

ほぼ業者なので、騙されないように注意しましょう。

対処法 騙されないためには、「興味ありません」と伝えることが大事です。

マッチングアプリに潜むやばい女「美人局」

美人局とは、女性側がターゲットをホテルに誘い、夫のフリをした男性と共謀して「慰謝料」と名乗り金銭を要求する詐欺行為です。

美人局は、マッチングアプリにも少なからず存在します。

美人局にどうしたら引っかからないか見極めるポイントですが

①写真が美人すぎる

美人局の特徴の1つ目は「写真が美人すぎる」ことです。外見が綺麗な方がマッチングアプリで男性を集めるのに有利なのでほとんどが拾い画で、実際会ってみると別人がきたりします。

対処法 角度の違う写真や、手を添えた写真などを送ってもらうことです。

別の写真を何枚か送ってもらうことで、本人かどうか確認できるからです。

怪しいと思ったら、違う角度からの写真や指定したポーズで写真を送ってもらうようにしましょう。

②積極的すぎる

美人局の特徴の2つ目は「積極的すぎる」ことです。1回目のデートからホテルに誘って来たり、密室の部屋に誘ってくる場合、「特定の場所」に誘導された場合は、美人局を疑った方が良いでしょう。

対処法 ホテルや密室、特定の場所以外のところで会いましょう。

会う場所を指定された場合は、警戒した方がよさそうです。自分から会う場所を指定して様子を見ましょう。

③女性からお金を払うと申し出てくる

美人局の特徴の3つ目は「女性側からお金を払うと申し出てくる」ことです。

「お金を払うのでデートしませんか?」「お金を払うのでホテルに行きませんか?」など男性がホイホイついてくるような言葉を投げかけて実際会うところまで持ち込むのが、美人局の特徴です。

対処法 まずあり得ないので、相手にしないようにしましょう。」

④人通りが少ない所を待ち合わせ場所に指定してくる

美人局の手口は巧妙で、共謀している男が恐喝しやすいような場所(人通りが少ない場所)を指定してくることがあります。

やはり、誰かに見られたらまずいのは当然のことで、美人局の手口としてよく使われる手法です。

対処法 早めに待ち合わせ場所に着いて様子を見るか、人通りの多い場所に変更しましょう。

⑤初対面から家に来たがる・上がらせようとする

普通の女性であれば、初対面から家に上がらせたり上がることは怖いと思う人が多いです。

美人局の場合、行為を行い金銭をだまし取ることが目的なので、唐突に家に誘ったり、上がらせてもらおうとします。

家だと密室で誰にも見られることがない絶好の場所ですし、男性の家に上がりこんだ場合、住所を知ることができるので

後になってから、恐喝することもできるからです。

対処法 他の場所を指定しましょう。

マッチングアプリに潜むやばい女「加工女」 

マッチングアプリの女性会員で結構多いのが、写メを加工する「加工女」です。

「SNOW」「beauty plus」「SODA」「ULIKE」など加工アプリはたくさん種類があります。

フィルターだけならまだ良いですが、顔を小さくしたり、目を大きくする、体型を細くするなど、

原型がないくらい加工している女性も居ます。

写真の印象を良くすることで、マッチング率も高くなりますし、男性に良く見られたい女性ほど

加工アプリを利用して、自分の一番写りの良い写真を使う傾向にあります。

会ってみて別人ということもあり得ますので、加工写真かどうか見抜く必要があります。

写真で可愛かったのに、会ってみたら全くの別人がきた・・となると男性としてもショックですよね。

写真の段階で、加工アプリを使ってるかどうか見分けられれば、そういったことも回避できるので

見極めることが必要です。

加工アプリを使って撮影した場合、下の方に加工アプリの刻印が刻まれることがあります。

この有無だったり、下のように加工した部分の周りがぐにゃっと曲がってしまう場合があるので

加工女に騙されないように注意してみるようにしましょう。

引用:https://twicolle-plus.com/articles/384453

加工した写真を保存したあと、さらに加工することで画質が粗くなってしまったりする場合もあるので

そういうところもきちんと見分けられる方がいいでしょう。

対処法 加工アプリを理解し、以上のことを参考に加工写真に騙されないようにする。

マッチングアプリに潜むやばい女「会話が成立しない女」

話が聞くのが苦手で、自分の話ばかりしてしまう、話をしている最中に割り込んで話をしてくる、

自己中心的で人の話に合わせられない人で、聞きたいことだけ聞いて後は話を聞かない、

流れ的におかしい所で相槌を打つ、結論から言わずに長々と脈略のない話をする、話がすぐ飛ぶなど

会話が成り立たない女もいます。

基本的に、相手のことを考えてない人が多く、自分中心で話を進めていくのが特徴です。

会話が成立しない女と話していると、相手のペースに巻き込まれて疲れてしまいますし気力も体力もないと

それ以上会話しようと思わなくなりますよね。

会話には相手への思いやりが大事ですが、会話が成り立たない女は基本思いやりがありません。

直そうとしても自覚がない場合は、指摘しない限り直りません。

指摘して直る場合であれば、良いですがプライドが高い女性だと直す気もないまま

無駄な時間と労力だけがかかってしまう可能性もあります。

あれ、この人会話が成り立たないなと思ったら、やばい女だと思ってもらって間違いないです。

対処法 メッセージの段階で会話が成立しないと思ったら早めに手を引くことのがポイント。

もしも、実際に会うことになってしまった場合、結論から話すことと、要点をまとめて話して相手に理解しやすいようにすること。相手が自分の話を一個ずつ理解してるか確認しながら話すのが良いでしょう。

マッチングアプリに潜むやばい女「理想が高すぎる女」

引用元:https://matome.eternalcollegest.com/post-2141636516279696801

マッチングアプリあるあるですが、「理想が高すぎる女」がたくさんいるということです。

「年収1千万以上、顔が平均以上、浮気しない、自分の言うことを聞いてくれて・・」など

自分の立場をわきまえていない、理想ばかり追い求めている勘違い女が結構いるんです。

理想の高すぎる女は、プライドも高い傾向にあるので、身の丈にあった恋愛をしようと思っていません。

ただ、いつか白馬の王子様が現れるんじゃないかと、ほとんどあり得ない期待に胸を躍らせているんです。

男女逆にしてみたら、どれだけ理想が高いか分かるはずなのですが、理想の高すぎる女は立場を置き換えて考えることができません。もしも、理想が高すぎる女に、「美人で、スタイルも良くて、バリキャリで、自分に従順で、胸もDカップ以上あって、謙虚で、浮気しない女」が理想だと話すと、きっと癇癪を起こすでしょう。

自分の身の丈にあった男性を探そうという気が全くないですし、女性は内面を磨かないと歳をいくごとに

どんどん男性を選ぶ条件を下げていかなければ、失礼ですが売れ残りになってしまいます。

自分の相場を理解せず、相手の理想だけ高い女には注意しましょう。

対処法 自分とは合わないと割り切って他の女性を探す、現実を提示する

マッチングアプリに潜むやばい女「嘘つき女」

マッチングアプリには嘘つき女も存在します。

年齢や職業、居住地や体型、既婚か未婚かなど、嘘をつく場面は色々ありますが、自分を良く見せようと嘘をつきます。

年齢であれば、年齢確認できるアプリだと嘘はつけないのですが、年齢認証がない場合「26歳と言っていたけど

32歳だった」ということもあり得ますし、「大手企業勤務と書いていたのに、無職だった」、「東京と書いていたのに、埼玉に住んでいた」

「スレンダーと書いていたのに、ぽっちゃりだった」「未婚と言っていたのに、既婚者だった」などです。

大体は自分の都合の悪い所を、嘘をついて相手を騙そうとしてきます。

もしマッチングアプリで付き合うことになったら、どんな嘘でも大体バレてしまうのになぜ嘘をつくの?と思うかもしれませんが、嘘つき女は先のことまで考えていません。

マッチングアプリでより多くの人とマッチングすることだけに特化しているので、嘘の情報を平気でプロフィールに載せます。メッセージのやりとりだけでは、見抜けないこともあるでしょう。

最初から嘘をつかなければ、お互い傷つくこともないのに嘘をつくからこそ、後で関係がギクシャクしてしまうという

悪循環ですね。

なるべくお互い嘘をつかないようにすれば、トラブルも起きにくいのですが、良く見せたい一心で嘘をつき

交際に発展してから気づいて失望してしまうということがあるので嘘つき女には注意しましょう。

対処法 つじつまが合わないところを、こちらから突っ込む、話を深く聞いてみる、名前でfacebookなどで検索してみる

マッチングアプリに潜むやばい女「メンヘラ女」

「メンヘラ」とは、メンタルヘルスに由来したネットスラング言葉でメンタルに何らかの問題を抱えている人のことを言います。

極度の寂しがり屋や、かまってちゃんが多く、感情の起伏が激しいので自分の気分次で相手を振り回す傾向にあります。

連絡がないだけで「嫌いになったの・・?」と聞いてきたり、関係性が浅いのに「一生一緒」などと重い発言をしたりします。

メンヘラ女は自分でいっぱいいっぱいなので、相手のことを思いやる能力に欠けています。

また、ひどい人になると、洗脳するかのように毎日呪文のように思い言葉を言ってきたりします。

メンヘラ女に関わると、日常生活にも支障をきたすため、なるべく関わらない方が良いでしょう。

関わったことで、仕事が回らなくなったり、男性側が逆にメンヘラになってしまう可能性もあります。

メッセージの段階でも、返信が少し遅れただけで何度も催促してきたり、承認欲求が強いので

「自分のどこが好きなんですか?」などと重い話をされることもあるでしょう。

会う前から、メンヘラ女だと分かった場合は、付き合い方を考えた方が良さそうです。

深い関係になった後に、別れたいけど別れにくくなった、家までストーカーされた、癇癪を起こされ何かしらの事件に発展しまったなどとなると、精神的負担も大きいので注意しましょう。

対処法 相手のペースに飲まれないように理路整然と対応する、状況を説明して素直に重いことを伝える

マッチングアプリに潜むやばい女「タダ飯目的女」

マッチングアプリの中には、タダでご飯を食べるだけが目的の「タダ飯目的女」がいます。

最終的に何が目的なのかにもよりますが、「その後の進展を全く考えることなく、1回目のデートだけで奢ってもらう目的の女性」は悪質なタダ飯目的女に該当するでしょう。

マッチングアプリでは、初回のデート費用を男性が全額負担すると男性側から書いている場合もあるので

「奢ってもらえれば嬉しいな、良い人だったら次また会いたい」といったような謙虚な女性であれば

奢るのも問題ないと思います。

ですが、ご飯代が浮くからという理由だけで、デートを目論む「タダ飯目的女」もいるので

見極めが必要です。そういう女性は、1人の男性に絞ることなく不特定多数の人と会っている可能性も高いです。

タダ飯目的女の場合、交際に発展してもほぼ金目当てなので、お金を搾取され続ける可能性もあるのd気を付けましょう。

対処法 食事するお店は自分が指定する、対応が悪く奢ってもらいたいだけだと判断した場合は早めにデートを切り上げる

マッチングアプリに潜むやばい女「奢ってもらうの当然女」

奢ってもらうのが当然な女って、男性からしたらすごく嫌ですよね。

奢ってもらうのが当然な女は、自分に奢ってもらう価値があり、それが一種のステータスになっている女がほとんどです。

男性が頑張って働いたお金も、奢ってもらって当然な女にとっては、ただの「金」でしかないのです。

普通の常識のある女性だと、仮に奢ってもらった場合は男性が汗水たらして働いたお金から出してくれていると

きちんと理解した上でお礼を言ったり、感謝の気持ちを表すのですが、

奢ってもらって当然女は、お礼さえ言わないことが多いです。

お礼を言ったとしても「ありがと」みたいな感じで、雑で感情がこもっていないことがほとんどです。

内心は、「男性は奢るのが当然。私はいつも奢ってもらってるもの。」とまるで女王様のような態度で上から目線です。

完全に男性を馬鹿にしている行為ですし、そういう女性は自覚もないので厄介ですよね。

奢ってもらうの当然女とは、関係性を深めていきたいとも思いませんし、何なら1回目のデートで見分けれれば

被害も少なくなります。

とは言え、1回目のデートで見抜くのは難しいので、あまりにも貢がせようとしてるのが分かった場合は

速攻でお別れした方が良いでしょう。

対処法 奢ってもらうのが当然な女と分かった瞬間すぐに関係を終わる

マッチングアプリに潜むやばい女「ヤリモク女」

ヤリモクというと、男性をイメージする人が多いかと思いますが、女性にもワンナイトや体だけの関係を希望している「ヤリモク女」は居ます。

ヤリモク女は、恋愛をしたいと思っていないので、性的欲求を満たすためだけに男性を利用します。

真剣に恋愛したい人にとっては、ヤリモク女は付き合う対象とはなり得ませんよね。

ヤリモク女は、プロフィールの写真を見て分かることが多いです。

胸の谷間を出していたり、足を出しすぎているなど露出の高い服装で写真を撮ります。

写真を見て、明らかにヤリモク女だと思った場合は、試しに他の女性会員の写真と比較してみましょう。

比較することで、より分かりやすいと思います。

プロフィールも、詳しく書くことはなく短文で「よろしくね」などとノリが軽い文章が多いです。

また、ヤリモク女の特徴といえば、「早く会おうとする」ことです。

恋愛目的の女性であれば、「メッセージのやりとりを重ねて後日ゆっくり会いたい」と思うのが当然ですし、

「すぐ会おう」と言えば軽い女に見られてしまうのですぐには会いたがりません。

ですが、ヤリモク女の場合は「会ってすぐホテルに行く」のが手間もかからず手っ取り早いので

すぐに会おうとします。

会う場所を指定してきた場合も、「カラオケ」や「ドライブ」などを希望することが多いです。

ヤリモク女にとって、「カフェ」や「レストラン」でゆっくり時間を過ごしてフィーリングを確かめる作業は

無駄ですし面倒でしかないので、密室で会って男性をその気にさせる人がほとんどです。

対処法 真剣な交際を考えている男性の場合であれば、ヤリモク女と分かった時点で会わないことがベストです。

マッチングアプリに潜む女「ガツガツしてる女」

すぐに会いたがってきたり、距離を縮めようとする「ガツガツしてる女」は男性からするとちょっと苦手な人が多いと思います。草食系男子が増えてきていると言われていますが、肉食すぎる女性って

女性らしさに欠けているように見えてマイナスな印象です。男慣れしてそうで怖いという人も中には居るでしょう。

ガツガツしている女は、色々と種類がありますが、内面を見ずに、ステータスだけで好き!と猛進して、猛アプローチをしたり、結婚を意識させようと必死になっているガツガツしてる女も居ます。

付き合いたい、結婚したいなど目的は様々ですが、目的に対して猛突猛進しているのがガツガツしてる女の特徴です。

控えめな女性であれば、例えば付き合いたいと思っても「付き合おうよ!」みたいな感じでは言ってこないですし

もっと直球ではなく変化球で、相手と徐々に距離を縮めていくのですが

ガツガツしてる女は、相手の出方を気にせず自分のペースで物事を一方的に進めようとします。

対処法 あまりにもしつこい場合は、同情せずに無視するのが一番良い

マッチングアプリに潜むやばい女「態度が悪い女」

マッチングアプリにいる態度の悪い女は、メッセージのやりとりの段階で分かる場合もあります。

話題を振っても短い文章でそっけなく返ってくる、お礼が言えない、挨拶ができないなど

態度の悪い女は男性からすると、愛嬌のない仏頂面の女という風に映り、決して印象の良いものではありません。

実際に会ってみても、笑顔がなく無表情、反応が悪くリアクションが少ないなど

一緒に居ても楽しくないことが多いです。

また、付き合うことになったとしても、自分の思い通りにいならないと不機嫌になったり

態度の悪い女の感情で振り回されることが多くなります。

態度の悪い女は、自分が悪いのにも関わらず責任転嫁をすることもあり、自分を絶対曲げない頑固者でもあります。

偉そうだったり、生意気な態度をとるのも特徴です。

長い付き合いを考える相手であれば、態度が悪い女は避けた方が良いかもしれません。

対処法 指摘してみるのも良し、治らなそうだと思ったら離れるのもあり。

マッチングアプリに潜むやばい女「仕事しか頭にない女」 

仕事に熱心なのは良いことですが、仕事にしか頭にない女は恋愛対象としてはNGです。

忙しいアピールをすることも多く、仕事の話ばかりするので一緒に居ても面白くないんです。

オンとオフの切り替えができれば良いのですが、仕事にしか頭にない女は常にオンのモードなので

職場で評価されたり、昇格することだけを休日も考えてしまい、頭の切り替えがうまくできません。

親しくなったとして、会う日程を決める時も「仕事で忙しいからちょっと・・」とか

「次の日仕事だから、難しいかも」といったように予定を先延ばしにされたりキャンセルされたりする可能性があります。

仕事第一優先のため、恋愛の優先順位が低くなってしまい、付き合ったとしても大事にしてくれない可能性もあるので

注意しましょう。

対処法 仕事ぶりを評価してあげて、安心させてあげる、会わないと思ったら諦める

マッチングアプリに潜むやばい女「言葉遣いが汚い女」

言葉遣いが汚い女は、男性からすると彼女にはしたくないですよね。

以下の言葉遣いをしている女性は敬遠されます。

・「〇〇じゃね?」

語尾に「じゃね?」と言葉を使う女性です。「〇〇じゃない?「〇〇じゃないかな?」と言えば印象が良いのですが

言葉遣いが汚い女は「〇〇じゃね?」という言い方をします。

・「マジ」を乱用する女

「マジ」という言葉を乱用する女性も言葉遣いの悪い女の特徴です。

「マジ?」→「本当に?」「そうなの?」と言えば印象が変わるのですが、

”本当に”という言葉を使わず、マジ〇〇なんだよね~とかマジ?!という言葉を使いたがります。

・「やばい」を乱用する女

感想を言うとき「やばい」を乱用する女性も言葉遣いが悪いですよね。

「この景色綺麗だね」というフレーズがあったとして、言葉遣いが悪い女は「やばいね!」と一言で済ませようとします。

なんでも「やばい」で片づけようとする女性って、語彙力がないんじゃないの?と男性からすると思いますよね。

もうちょっと、言い方に気を付けてほしいなと思ってしまいますね。

・美味しい→うまい!という女

ご飯を一緒に食べている時に、「これ美味しいね」という女性がほとんどですが、言葉遣いが悪い女は

「これうまいね」という言い方をします。

男性では使う人も多いですが、女性が「うまい」と言っているとガサツな印象を受けますよね。

直してほしいと思う男性も多いのではないでしょうか。

・「お前」呼びする女

名前呼びや、貴方という言い方をすれば良いところを男性に対して「お前」呼びする女もいます。

なんとなく、見下されている気分になりますよね。

対等な関係を築きたくても、「お前」呼ばわりされると上から目線な印象を受けますし

注意する以前に、呆れてしまう男性も多いのではないでしょうか。

あとは、「キモイ」「ウザイ」といったような悪口も女性の口から出るとがっかりしますよね。

言葉遣いが悪い女性は、いくら見た目がタイプでも「付き合うのはないな」と認定してしまいますね。

対処法 言葉遣いが悪いのを直してもらう、その場で幻滅してしまった場合は、今後相手にしない

いかがだったでしょうか。今回はマッチングアプリに潜むやばい女を紹介しました。

やばい女に引っかからないためにも、マッチングアプリを利用する時は細心の注意を払って見極める必要があります。

また、もしやばい女に引っかかってしまった時も対策法もあるので、対策していけば最悪の状況を防ぐことができます。

是非参考にしてくだされば嬉しいです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

10代の頃から20代中盤までに、人生を捧げるほどの2回の泥沼大恋愛を終えて、そこからは東京に移り住み、大人の恋愛からパパ活まで、大体なんでもやってきた女。20代の総決算?的に兄とこのサイトを始めた。

目次
閉じる