メニュー

【気軽に使える】寂しいときに使えるアプリをご紹介!

寂しいときって誰しもありますよね。特に一人暮らしだったり、仕事休みの日など、ふと色々なアプリで寂しさを紛らわしたくなる・・そんな時もあるのではないでしょうか?

今回は寂しいときに使えるアプリのご紹介&アプリの特徴などをご紹介します。

日常的に寂しさを感じる人の割合は?

「日常的に寂しさを感じる時がありますか?」というアンケートをした結果、「いつも感じる人」「ときどき感じる人」が合わせて66%もいることが分かりました。

寂しいと感じるのは特殊なことではなく、多くの人が一度は経験したことがあるんです。

目次

寂しいときってどんな時?

・一人暮らしで寂しい

一人暮らしは、基本家に一人で居ることが多くて寂しいと感じることが多いですよね。

体調が悪い時も看病してくれる人が居なかったり、日常で嫌なことや楽しいことなどを共有できる人がいない、一人でご飯を食べるなど、寂しい要素は色々ありますが、往々にして寂しい瞬間というものは訪れます。

また、上京したての学生や、社会人になって間もない人も一人暮らしに慣れなくて寂しいと感じる人が多いようです。

・休日なのに予定がなくて寂しい

休日なのに出掛ける用事がなかったり、誰とも会う予定がなかったりする場合も、寂しいと感じることが多いようです。

休日の過ごし方は一人でできることもありますが、誰かとコミュニケーションを取りたい、出かけたいという人もいるのではないでしょうか?

休日に予定がないと孤独感が高まり、寂しいと感じる人は多いです。

・恋人が居なくて寂しい

寂しいと感じる人の中には、恋人が居なくて愛情に飢えている人もいます。恋人がいると、オキシトシンというホルモン分泌することにより、幸福感や安心感を感じることがあります。

俗にいう愛情ホルモン、抱擁ホルモンと呼ばれるもので、心が満たされることが多いです。

ですが、恋人がいないと、こういったホルモンも分泌されず日頃のストレスも溜まり疲れやすくなったり、寂しさを感じる人もいます。

寂しいと感じたら、出会いを求めてみるのも良いのではないでしょうか。

・友達が居なくて寂しい

本音を話せる友達が居ない、自然体でいられる友達がいないといったように、友達がいない人は寂しさを感じやすいです。

一人でも腹を割って話せる友達がいれば、寂しいと思う瞬間も少なくなるはずです。

友達探しを始めてみても良いでしょう。

・飲み友がいなくて寂しい

一人で晩酌することが多く、飲み友がいない場合も寂しいと感じることが多いようです。

同性・異性関わらず飲み友がいれば、ストレス解消にもなりますし、一人飲みより盛り上がるので楽しい時間を過ごすことができます。

楽しい飲み友ができたらいいですよね。

・人との繋がりがなくて寂しい

人との繋がりがないときも寂しさを感じるしょう。

人と関わることで、あらゆる学びがあったり、困った時に助け合えたり、人を通してさらに人を紹介してもらえるなど、メリットがたくさんあります。

瀬戸内寂聴さんも言っていた、「人は一人では生きていけない」という言葉がありますが、人は助け合いの中で生きています。

仕事でもプライベートでも人との関わりは大切です。

・別れがあったとき

家族や友人、恋人など自分にとって大切な人が、居なくなってしまうような出来事があったとき、人は寂しいと感じることが多いです。

離別や死別など、人生での大きな出来事があった場合、報われない感情になり、自分が一人なんじゃないかと考えることもあるでしょう。

・思い出がよみがえる時

音楽や、風景など思い出に残っているものがあると、ふと思い出して寂しくなることがあります。

「あの頃は楽しかったなぁ」と、感傷的になることもあるでしょう。

コロナの影響で人となかなか会えず寂しいと思う人も多い

コロナが流行り始めてから、会社でリモートワークになってなり、会社での飲み会も減り、自宅にいることが多くなっている人も多いのではないでしょうか?

また、まん延防止等重点措置により、お店の営業時間短縮などで出歩く機会もめっきり減った人もいると思います。

周囲の人を遊びに誘っても、コロナだからといって断られる場合もありますよね。

そんな生活が続いていると、寂しいときが増えるのは当然でしょう。

しかし、人に会わなすぎていると、寂しさのあまり精神的に病んでしまうこともあるため、自粛しつつもたまに人と会うことも大切です。

withコロナ(ウィズコロナ)という言葉がありますが、新型コロナウイルスとの共存・共生という意味でこれからの時代大切になってくる概念です。

コロナが蔓延している昨今、生活スタイルも大きく変わった人も多いですが、寂しいときは自分の気持ちともしっかり向き合い、対策していくことが大切です。

寂しいときの解消法は?

・感情を受け入れる

寂しいと感じたときは、無理して感情を押し殺すのではなく、一旦受け入れる方法をとったほうが良いでしょう。

自分で感情を納得することで、気持ちの整理ができることも多いです。

・自分の趣味に没頭する

音楽を聴いたり、花を育てたり、運動する、料理をするといったように、自分の趣味があれば、没頭してみると寂しさも和らぐ可能性があります。

今一度、自分の好きな趣味がないか、考えてみましょう。

・寝る

寂しいと感じた時は、なるべく無心になって横になってリラックスするのも効果的です。

睡眠をとることで、身体的にも精神的にも回復でき、寂しい気持ちを一時的にも解消できるでしょう。

なかなか眠れないといった場合は、目を瞑って横になるだけでも楽になるので、ぜひやってみてください。

それでも寂しい場合は、人との交流の場を作ろう

寂しさを解消する方法は色々とありますが、それでも解消されない場合は、一人で時間を潰すよりも人との交流に目を向けた方が良いでしょう。

自分を理解するにも、他者の存在があって初めて理解できるものであり、人と関わることによってストレスの解消になったり、孤独感を解消することができます。

もちろん人と関わることで、逆にストレスに感じる人もいるかもしれませんが、新しい出会いに目を向けることで何か変わるきっかけになることもあります。

自分に合った友達や飲み友、恋人を作ることによって寂しい日常から抜け出せる可能性も高いです。

出会いの場がないときはマッチングアプリがお勧め

家で寂しく過ごしている人には、出会いアプリがお勧めです。

出会いアプリって本当に出会えるの?と思うかもしれませんが、実際にTwitterでも、マッチングアプリで恋人ができた報告をしている人も多いです。

家で寂しく過ごしている人には、出会いアプリがお勧めです。

出会いアプリって本当に出会えるの?と思うかもしれませんが、実際にTwitterでも、マッチングアプリで恋人ができた報告をしている人も多いです。

マッチングアプリの利用経験を調査したところ、32.6%の人が「現在利用している」、45.7%の日人が「過去に利用していた」、9.4%の人が「利用したことがないが今後利用したいと思う」、12.3%の人が「利用したことがないし、今後も利用したいと思わない」という結果になりました。

マッチングアプリの認知度は高く、5人に1人は利用経験があるという回答もありました。

もちろん、出会いアプリは様々あり、「友達探し」「飲み友探し」「割り切った関係の人探し」など用途に応じてアプリを選ぶ必要があります。

自分に合ったアプリで、出会いを探すのがお勧めです。

寂しい時家に居ながら使えるアプリ

飲み友を探したい時のアプリ

「DINE(ダイン)

デートにコミットしたマッチングアプリです。 すぐデートしたい相手を探したい時にはぴったりのアプリでしょう。

DINE(ダイン)のマッチング後のデートは40%という高いデータも出ています。

大まかな使い方としては、他のマッチングアプリと一緒で、登録→相手検索→いいねを送る→マッチング→メッセージのやりとりをする→会う という流れです。

DINE(ダイン)で相手を検索するときは、スワイプ式で1人ずつプロフィールが表示されます。

その後右スワイプするか左スワイプするなので、使い方もシンプルです。

他のマッチングアプリと違う点は、DINE(ダイン)の場合、プロフィールを書く際に行きたいお店をまず選びます。

そこでデートで行きたいお店をまず選択するんです。

どこのお店に行きたいか決まってない、という場合も、アプリ内から300以上のお店から選択できるので

そこからいくつか選択します。

ちなみに、デートに使うお店なので、口コミやお店の詳細も気になりますよね。DINE(ダイン)の場合、

アプリ内で「Retty」または「食べログ」情報を確認することもできます。

その後、いいねと一緒に「行きたいお店」を提案して、相手のニーズに合えばマッチング成立です。

いいねをする場合は、相手の指定しているいくつかのお店の中から、1つ選んで「ここに一緒にいきたい」という提案することで、相手がいいねを返してくれたら、マッチング成立です。

メッセージのやりとりは基本、会う日程を決めるだけ。

いいね=このお店に一緒に行きましょう が前提になっているアプリなので、煩わしい駆け引きやメッセージをすることなく、最短でデートすることができます。

女性と男性が両方とも、「アプリをやる目的が一緒で明確」という点が最大のメリットです。

他のアプリであれば、目的が男女によって変わったりするので、会うまでに時間がかかったり、メッセージのやりとりが面倒だったりしますが、DINE(ダイン)の場合、デートするのが目的で登録している男女しか登録しないので、すぐに会える人だけ最短で見つけることができます。

<DINE(ダイン)の口コミ>

恋人を探したい時のアプリ

「ペアーズ」

ペアーズは累計登録者数1000万人を突破しているマッチングアプリでも一番大手のアプリです。

女性は17万人もの人が登録しています。

真面目な出会いを謳っているアプリで、恋活、婚活目的で登録している人が多いです。

とは言っても、中にはライトな出会いを求めて、登録している人もいるため、女性を選別するのが大事になってきます。

他のマッチングアプリよりも、利用料金が安いのが特徴で、

WEB/Android(クレジット決済)であれば、1カ月プランで3,590円/月、IOS(AppleID決済)で、4,300円/月、Android(Googleply決済)であれば、4,300円/月 と最安値で月3,590円で利用することが可能です。

「タップル」

タップルは、累計登録者数600万人を突破したスワイプ式のマッチングアプリです。

ペアーズや他の出会い系サイトと違い、写真をスワイプしていいねを送れるので、プロフィールに絞って検索するのが

面倒な人にはお勧めのアプリです。

検索式のように、プロフィールを絞りこんでマッチングするアプリと違い、ありかなしか、写真だけでサクサクと判別できるので、時間をかけずに、好みの異性を探すのにはぴったりマッチングアプリです。

写真が出てきて、ゲーム感覚のように、いいねかいまいちか判断できるので、見た目重視で探す場合は、使いやすいのが特徴です。

その日に会いたい!という時もありますよね。そういった場合は、「おでかけ機能」を使うことで、当日すぐ会える人を探すことができます。

タップルは1カ月3,700円で利用でき、スワイプ式なので大量マッチングが可能です。

より多くの人と出会いたい、検索式の出会い系が面倒、使い方が簡単という点ではタップルはお勧めです。

割り切った関係の相手を探したい時

「ハーピーメール」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: happymail.jpg

累計会員数2500万人を突破した出会い系サイトです。

20代~30代の利用者が多く、機能がシンプルで使いやすいと話題のサイトです。

運営側の監視体制がしっかりしていて、業者や悪質な会員など見つけたら、強制退会にするなど管理が徹底しています。

他の出会い系サイトの中でもいち早く24時間265日体制を取り入れたサイトです。

20代の利用者が最も多いです。

こちらも「ピュア掲示板」と「アダルト掲示板」があり、割り切った関係の女性を探す場合であれば、「アダルト掲示板」を利用するのがお勧めです。


「PCMAX」 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: PCMAX.jpg

累計会員数2700万人を突破している大型出会い系サイトです。

女性の会員数は10代~20代だけで7割を超えていますが、人妻、シンママの利用率も高いです。

会員の男女比は7:3で、女性だけの会員数だけでも直近30日で76,015人で、女性の会員数も多いことが分かります。

全国の利用者数は、都道府県によって違いますが、関東に集中してるだけでなく地方にも多くの利用者数がいるので

都心の人だけでなく地方での出会いを探している人にもおすすめのサイトです。

掲示板は、「スグ会いたい」「アダルト全て」「ピュア全て」などの種類があり、割り切った関係の女性を探したいのであれば、アダルト掲示板を利用してみるのがお勧めです。

検索から市区町村に絞って近所のユーザーを探すこともできるので、そちらもお勧めです。

「ワクワクメール」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: wakuwaku.png

累計800万人以上を突破している出会い系サイトです。会員の男女比は男性は6:4で

4割もの会員が女性です。

女性会員数は、30日で78028人で、女性の会員数も多く、20代前半を中心に20代が半数以上を占めます。

若い人も多いサイトですが、アラフォーの人妻も多く登録しています。

料金体系は、男性はポイント制で1ポイント=10円です。

メールを送信するときや、プロフィールを見るときなどに消費されていきます。

掲示板の書き込みや、メールを見るのは無料です。

ワクワクメールは登録すると、1200円分のポイントがもらえるそうで、初めて使う方には良心的なサービスになっています。

掲示板には「ピュア掲示板」と「アダルト掲示板」があります。ピュア掲示板は飲み友達募集、メール友達募集、恋活目的などの条件で募集する人が多く、アダルト掲示板は、不倫希望、セフレ募集などと言った大人の関係を提示して募集する人が多いです。

用途に応じて、掲示板を利用して出会いを探しましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

10代の頃から20代中盤までに、人生を捧げるほどの2回の泥沼大恋愛を終えて、そこからは東京に移り住み、大人の恋愛からパパ活まで、大体なんでもやってきた女。20代の総決算?的に兄とこのサイトを始めた。

目次
閉じる