不動産投資の概要

◎不動産投資は敷居が高い?

賃貸住宅などに投資して家賃収入を得る不動産投資は、投資に必要な金額が小さくないことから敷居が高いと感じている人も多いのではないでしょうか。

実際、賃貸住宅を購入して入居者からの家賃収入を得ることを目的とする不動産投資では投資額も数千万円以上になるのが普通です。

ただし、実際には投資対象となる不動産に担保(抵当権等)を設定することで銀行から低い利息で融資を受けることができるため、

ある程度の頭金を準備することができれば不動産投資をスタートさせることはそれほど難しいことではありません。

◎不動産投資の利点

銀行への支払いと投資不動産の維持費用を上回る家賃収入を得ることができれば、プラスのキャッシュフローを得ることも可能です。

不動産投資の魅力は、一度入居者を確保することができれば長期間にわたって安定的な収入が見込めることです。

入居者の募集や物件の管理などは不動産仲介業者や管理会社に一任して維持にかかる手間暇のコストが低くできるのも魅力です。

◎不動産投資物件の選び方

具体的には、物件そのものの状態を吟味することはもちろんですが、物件の周辺の状況を見ることも大切です。

投資物件の周囲に大学や大企業の営業所や工場がある場合には、そこに通う人が入居物件を探すことになるので安定的な入居者の流入を期待することができます。

また、不動産投資を始めるタイミングも大切です。一般的に、不況時に不動産投資を始めるメリットは大きいといえます。

不況時には住宅購入価格が低下するほか、銀行の利息も下がり、入居者も持ち家を手放して賃貸に切り替える人が多くなるためです。

◎不動産投資の魅力

多くの入居者を得ることができれば、その後の不動産価格の上昇を期待することもできます

(投資不動産の物件価格は入居者の需要によって決まることが大半です)。

不動産価格上昇後に物件を売却してローンを完済し、別のより魅力的な投資対象に再投資するというサイクルで、

投資収益を安定的に増やしていくことも夢ではありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です